私の髪は量が少なく、良く言えば、やわらかい髪質、悪く言えばコシ、ハリのない髪質なのですが、普段のセットは自然な感じに仕上げています。手グシでさっと整え、ブローはしません。クシを通すところは1か所と決まっていて、そこはツムジの生え際をサッと2、3回クシを入れる程度です。
その後に、ケープのハード系のスプレーをツムジから全体に吹きかけてセットは完了となります。
なぜそのセットをしているのかというと、すべて髪質と私のツムジの生え際が問題だからです。
もともと全体の髪の量が少ない上に、柔らかい髪質なので、ワックスや、クリームをつけると一気にボリュームがなくなってしまうんです。髪が寝てしまい、ただでさえ髪の量が少ないのに、自然なボリュームまで失ってしまうと顔が大きく見えてしまいます。それに加えて、ボリュームが無くなると、同時に目立たせたくないツムジの分け目がくっきりと割れてしまいます。後ろから見るとほんとにパックリ割れている様な感じになってしまいます。
ですので、ツムジを隠すように自然なボリュームを保つには、整髪料を極力つけない、クシを通さないセットの仕方に落ち着いたんです。
時々、ひどい寝癖で、起きた瞬間からツムジが割れている事がありますが、そんな時は生え際と逆向きにクシを入れ、分け目を隠します。その時に、ハードタイプのスプレーが必須です。セットした状態を持続してくれて、上手にツムジの分け目を隠してくれます。
それでも、過去にはどうしようもなく上手く行かなかったときもありました。
ツムジの分け目が上手に隠れてくれなくて、つい、スプレーをした後に何回もクシを通してしまったんです。その結果、よくある事ですが、白い粉が浮いてきてどしようもなくなりました。分かってはいたんですが、ついやってしまいました。1、2回程度なら、白くならない事もあるんですよ。
あと、髪を1つに結ぶときはさすがにワックスを使いますが、そのワックスも少量をつけないと失敗してしまいます。私の場合は普通の人が使用する半分若しくは3分の1程度で整えるように気を付けています。
そしてワックスをなるべく髪の根元にはつけないように気を付けています。そして、なるべくクシは使わず手グシで整えます。でも最後にツムジのあたりがボコボコしてくるので、コームを通して整えています。
結婚式の時や多くの人が集まるパーティーの時は、上記の要領でハーフアップに仕上げます。この髪型が一番、私の顔とのバランスが良いような気がします。前髪も上げてセットをしています。

私の髪のセットの決め手は、一番は整髪料の量で次に手グシの仕方とクシの通す回数です。
手グシもやり方によっては髪が寝てしまうので、なるべく持ち上げる感じで下から上にすくい上げるようにします。
コームを使うときはツムジの分け目を整える時だけに使います。
このやり方が適度にできるかどうかが、私の髪のセットの需要なポイントになっています。

私の普段のヘアスタイルはおろし髪です。長さがミディアムからロングの間、またはどちらかというとロングという長さです。湿気の多い場所では癖っ毛になりやすく髪の毛の先が跳ねやすい毛質なので肩にかかる程度の長さにすると毎朝のセットが大変になってしまいます。寝坊の多いわたしには毎朝のセットには時短を心がけたいのでミディアムからロングほどの中間にしています。もともと習っていた習い事の関係上、ロングにしなければならなかったのですが、中学生の頃、その習い事をやめ、人生ではじめてショートに挑戦してみました。とても軽かった覚えがあります。しかし、生まれてからずっとロングだったわたしにはショートは似合わなさすぎました。その時以来数十年間ずっとロングのままにしています。
朝起きてからまずブラッシングをします。そのあと濡らさないトリートメントを毛先に重点的につけます。これが毎朝のセットです。髪の毛を括りたい場合には黒ゴムで下の方でひとつにまとめます。髪の量が多いため、ゴムが2ヶ月ほどで弱くなります。
コンパなどのイベントがある日は少し髪の毛で遊びます。ヘアセットの仕方は素人のわたしにはさっぱりわかりません。そこでYouTubeです。YouTubeでヘアセット、ロングなどと検索をするとわかりやすい動画をたくさん見つけることができます。最近のわたしは編み込みにハマっています。サイドを編み込みを施し、パッと一見しただけではわからないヘアスタイルが密かなマイブームです。髪の毛も普段はあまり使わないヘアアイロンで丁寧にセットします。最後に、好きな香水を匂うか匂わないか程度につけて完成です。これがわたしの非日常な、特別なイベントの日のヘアスタイルです。
わたしは軽度のアトピー性皮膚炎です。そのため、シャンプーやリンスのメーカー、髪が皮膚に触れる部分には特にこだわっています。シャンプーなどは少々値段の張ってしまう植物性のものを使うようにしています。また、前髪はおでこにかかるとおでこが炎症を起こし始めます。そのため前髪をのばし後ろ髪と一緒にしています。アトピー性皮膚炎のためのヘアケアを行なって以来、顔や首などの炎症は随分と改善することができました。わきがなので、デオナチュレを使っています→デオナチュレわきがもしアトピー性皮膚炎で悩む方がいるなら、わたしは自分の行ったことをアドバイスするつもりです。また小麦粉断ちもおススメです。当初はアトピー性皮膚炎の影響で始めたものでしたが、小麦粉を絶って以来髪の毛にツヤが増したと言われるようになりました。
以上がわたしのヘアスタイル、ヘアケアです。

今のヘアスタイルは肩までのミディアムボブ、ボリュームを抑えるために少しだけレイヤーを入れてもらっています。
シャンプー後、タオルドライの後にジルスチュアートのヘアオイルを毛先につけて乾かします。
ジルスチュアートのリラックスヘアオイルは、べとつかず香りも良いのでここ数年愛用しています。
そして、根元から丹念にブローして整えます。
完全に乾いてから寝れば、次の日の朝はほとんどこの形のままになっているので便利です。
朝は頭頂あたりだけ軽くスプレーして整えて出勤します。
私の髪の毛は見た目癖のないストレートヘアですが、後ろ髪の中だけうねりがあるのです。
シャンプー後のブローで、そこのうねりをしっかりとストレートにしておかないと、全体に影響が出るのでそこだけは毎日しっかりやっています。
あとはそれほど気にせずに、内側からブラシを入れて梳かすように乾かせば、朝寝癖がつくことはほとんどありません。
ロングヘアにしていた時期が長く、そのころは本当に乾かすだけで済んだのですが、さすがに毎日のシャンプーが面倒になりセミロングにしました。
洗う手間も乾かす手間も減りましたが、しっかり内側からブローしないと後ろ髪のうねりを抑えられないので、その辺が少しだけ厄介になりました。
一度だけショートにしたことがあります、それは大失敗でした。
まず、夜にしっかりブローして形を作っても、朝になるとひどい寝癖になってしまいました。
寝癖直しウオーターなどを使ってみましたが、思い通りのスタイルにするにはかなり時間がかかりました。
朝の忙しい時間に、この手間は辛かったです。
髪の毛の重さがないと、うねりや髪の流れがもろに出てしまうのですね。
それ以来、ミディアムより短くすることは一切ありません。
なにより、評判が悪かったんです。似合わない、と。
人前に出るときも、基本このままのスタイルで大丈夫です。
いつもより念入りにブローしたり、出かける直前にシャンプーブローすれば、ほぼサロン帰りのスタイルになってくれます。
美容院には1カ月に一度行きます。
私の髪の毛の癖をよくわかってくださっているので、思い通りのスタイル、そして簡単にきまるようにカットしてもらえるのでとても助かります。
少しでも伸びすぎると毛先が肩についてしまうので、その前に美容院へ行ってカットしてもらうことに一番気を付けています。
結婚式などちょっとオシャレしたい時は、前髪と横だけ緩くカールして、いつもと違う場所から分けたりして流れを出してみることもあります。
そうすると、イヤリングも映えてエレガントな雰囲気になります。
その時、カールした部分の根元から毛先だけスプレーして落ち着かせますが、他の部分の毛先にはスプレーせず軽さは保ったままにすると自然な感じに仕上がります。
シンプルだけど応用の効く長さと形、私はこのヘアスタイルが一番気に入っています。

私の髪は背中の真ん中くらいのロングでゆるくウェーブがかかったくせ毛です。
髪質は硬めで太いしっかりしたものです。
その為何もセットしないでいるとぼわっと広がってしまい収まりがつきません。

朝起きるとまずヘアウォーターをつけ髪をブラッシングします。
使っているのはリーゼのミントシャワー。紙がしっとりするくらいにスプレーをして優しくブラッシングしていきます。
朝は枕の跡が髪に残って放っておくとセットしずらいので早い時間にヘアウォーターだけはつけています。

セットするときはドライヤーの温風を弱にして当てながら念入りにブラッシングをしていきます。
上から下に向かうようにドライヤーをするとクセもマシになります。
ですがあまりドライヤーをしすぎると髪がぱさぱさになってしまうのでさっと当てるようにします。

ブラッシングが終わったらあんず油を手に伸ばして髪につけていきます。
あんず油は髪がしっとりしますしドライヤーでパサついた髪に油分を与えてくれるので重宝しています。
主に毛先のほうに重点的に塗ったら手ぐしでさっと髪を整えます。
普段髪は下ろしていることが多いので基本的なヘアセットは以上です。
ここから服に合わせたヘアアレンジをしていきますが私はハーフアップをすることが多いです。
くせ毛でもハーフアップにするといい感じにふんわりとくせを生かせるので横のボリュームにお悩みならハーフアップはお勧めです。

過去にハード系のヘアワックスを使いましたがこれは失敗でした。
髪質が硬くて太いのでハードワックスで固めると髪のさらさら感がまったく出ず不自然になりました。
男性ならばつんつんヘアーもよいかもしれませんが女性は難しいですね。

結婚式やパーティーなどおめかしするときは髪をアップスタイルにします。
お団子にしてヘアアクセサリーを付けるだけですが、まとめているとすっきり見えますし、自分でやっても失敗が少ないのでよくやっています。
凝ったセットができないので適当に髪をまとめてピンでとめて、少しふんわりさせるために遅れ毛を作ってセットしています。

セットで重要視するのは清潔感です。
髪がくせ毛だと何もしないと広がってしまいだらしなく見えてしまいます。
ですので髪のくせを理解して毎日面倒くさがらずにお手入れすることでセットしやすい髪になると思います。
ロングだとくせもある程度落ち着くのでくせ毛の人はロングスタイルの人も多いですが、重要なのは髪の艶やさらさら感だと思うので、毎日清潔にケアすることが大事ですね。

普段のセットは、その日の髪の毛の様子と服装によって選んでいます。ロングヘアなので、アレンジは色々とききます。
ブラッシングしただけで髪の毛がまとまれば、それでおしまい。時間があるときには、毛先をヘアアイロンで巻いています。
もしもペタンコすぎたり、ボワっと膨らんでしまっていたら髪をまとめます。オールバック、センターわけ、斜めに分けたりとポニーテールにも差をつけています。他にも頭のてっぺんでお団子をしたり、頭の低い位置でひっつめにしたり、服装の雰囲気に合わせて変えています。

使用する整髪料は男性用のマットなワックスを使うことが多いです。女性用は柔らかくて、サラサラした髪質なので、髪がどんどんほどけてきてしまいます。色々と試してみてしっくりきたものが男性用のワックスでした。
ただ、ワックスのベタベタした感じがあまり好きではないので、運動をする日はシアバターを使っています。

普段このシンプルな髪型にしているのは、面倒臭がりだということが1番大きいです。髪質はサラサラとしていて、すぐにバラバラになってしまう髪質です。そのため、巻いても昼過ぎには元に戻ってしまいます。
なので、いつでも髪を結び直せたり、直しやすい髪型が1番しっくりときます。結んでいない時の方が、昼過ぎには湿気を含んで、まとまりやすくなってきます。

過去に失敗したセットは、友人の結婚式にしていったセルフセットです。もっとうまくできると思っていたのですが、クルリンパですらうまくいかずに、新幹線に乗り遅れてしまいました!
見た目も良くなかったので、結局解いて髪をおろして式に出ることにしました。

それからというもの、気合を入れるときや、人前に出る時のセットは必ず美容院に行くことにしました。アップヘアが多いです。
セットをお願いするときは、クラシックな髪型にしてもらっています。最初はアップヘアでも華やかなものを選んでいましたが、私の選ぶワンピースとの相性や、普段の雰囲気に合うものがもっとシンプル目だということに気づいたからです。
ヘアセットがまとまっている分、アクセサリーで華やかな雰囲気にしています。

カロヤンガッシュ

最後に私が髪型のセットで重要視することは、「全体のバランスが良いか」と「1日崩れないか」ということです。
全体のバランスは、人の第一印象を決定するものなので、とてもよく見るようにしています。美容師さんにお任せする場合は出来上がってからワンピースとの相性をみることになるので、自分で頭の中でイメージしてからオーダーするようにしています。
また、崩れにくいかということも、普段から重要視していますが、これもオーダーするときには「崩れやすい」ということを強調して伝えて、きっちりとホールドしてもらうように工夫をしています。

まず私の髪質について簡単に触れます。

私の髪はものすごく広がりやすく、うねります。
雨の日なんて目も当てられたもんじゃありません。
美容師さんいわく、髪の毛がスカスカだから浮いてしまうんだそう(そんなこと言われても…)

長さはセミロングくらいで方に掛かるくらいの長さです。
実はこの長さが1番はねやすく、セットしずらいのかもしれないと最近思います…

では早速普段のセット方法からご紹介します。

会社員の朝は早く、時間もないのでまずは時短が最優先。
基本はストレートヘアが多いです。
広がりをふせぎ、アイロンのダメージを最小限にするためにヘアオイルをつけます。
オーガニックな匂いが好きなので、お気に入りのものを見つけるのも楽しいです。

オイルを手に取ったらまずは全体になじませます。とくに毛先を入念にしましょう。
そのあとは、丁寧にブロッキングしながらストレートアイロンをあてていきます。
最後にこれもまたオーガニックのワックスをつけ、全体になじませませて完成です!
とにかく時間をかけたくないので、ササッとかつ丁寧にストレートアイロンをあてるようにしています。
ポイントは、絶対に素髪で終わらせないこと。少しでも手間をかけたように見えるし、
紫外線などのダメージからも髪の毛を守ってくれます。

次に気合が入っている時、人前に出る時のセットについてです。

基本はくるりんぱが多いです。
理由としては、これもまた手間をかけずにきちっとアレンジした感が出るからです。
ハープアップでくるりんぱをした後に、さらにその下でくるりんぱをします。
ひとつにまとめてピンで余計な髪の毛を押さえたら出来上がり!

基本はYoutubeやインスタグラムで美容師さんが紹介している動画などを参考に
練習しながらアレンジしています。
好きなアレンジをインスタグラムのアルバム機能で保存をして、
来週は雨がふるからこのまとめ髪アレンジをしてみようかな、とか
明日は晴れるからこのくるりんぱ応用のアレンジをしてみようかな、など
考えるのも楽しいですよ。

まとめですが、私が髪型のセットで重要視することは、いかに手間をかけたっぽく且つ
時短で済ませるか?です。お休みの日などゆっくり時間をかけてセットできる日はいいのですが、
平日の朝はまさに戦争。
いかに時間をかけずに、お洒落なアレンジ、セットができるか?というのを突き詰めて
自分の髪の毛の悩みにも徹底的に向き合いながらこれからも研究をしていきたいと思っています!

No newer/older posts